LIFEにデータを読み込むまでの手順

レコセラのオプションであるLIFE連携を行うと、記録した情報をLIFE用に出力することができます。

大まかな流れとしては

①レコセラの中で必要な情報を揃える
②一括で出力ボタンを押す
③出力したものをLIFEに読み込む

この3ステップだけです!

①必要な情報を揃える

まずLIFEに必要な帳票は、一覧の中でこの4つです。

(利用者一覧>利用者選択>デフォルトで「薬情報」となっているプルダウンを押す)

順番は問いませんので、以下の通り入力してください。

・生活機能チェックシート

評価日時とスタッフとADLを入力→新規保存

・DBD13(認知症行動障害尺度)

該当するものを選ぶ→新規保存

・意欲の指標vitality index

該当するものを選ぶ→新規保存

・身長・体重・BMI・アルブミン値 評価

日付・身長・体重を入力→新規保存

4つの帳票を入力すると、LIFEに必要な情報をとりまとめる「科学的介護推進に関する評価(通所・居住サービス)」に内容が反映されています。

評価日・記入者名・記入者職種を入力してください。

最後に、「口腔・栄養」の下記3項目に関しては転記元となる帳票がないため、手動で入力してください。

これを右上で「新規保存」して、LIFEに向けた情報の準備は完了です。

転記元となる帳票にそれぞれ担当を決めれば、同時進行で負担なくLIFEに必要な情報を作っていくことができます!

一人で全利用者のLIFE情報を作らなければいけない状況から脱却しましょう。

他の利用者さんも同じように記入!

LIFEへの出力は一度に行えるので、まずはこの流れで各利用者さんの情報を入力していきましょう。

はじめは地道な作業になるかもしれませんが、すでに作成したことのある帳票であれば過去のデータを表示→複製すれば、以前と変わった部分を編集→保存だけで済みます。

②出力ボタンを押す

ここまで来たら、あと少しです!「利用者一覧」画面で、LIFEに読み込みたい利用者名を選択
→「LIFE」ボタンをクリック

すると、「.csv」形式のデータがひとつダウンロードされます。

③ダウンロードされたものをLIFEに読み込む

LIFEを起動し、「外部データ取込」を押すとファイルを読み込む画面に移行しますので、先ほどレコセラで抽出した.csvファイルをそのまま読み込みます。

これで、レコセラ内の最新情報をLIFEに流し込むことができます。

以上でLIFEへのデータ移行は完了です。